ツインソウルの日常-人間を満足する!

素直になって人生が一変してしまう。 そんなツインソウルの日常生活をわりとありのままに書いてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

違いをしる

一年ほど前私がインドから帰ってくるとみどりの龍が「オレの理解を超えた」と言って落ち込んでいました。私を理解するって???自分を知るためにヨガしにきてるんじゃないの??私はインドで無条件に自分を認めることができ、七福神みたいになって(笑)帰ってきました。

私はクラスであまり自分のことを話そうとしないみどりの龍の心を何とか解放しようと一生懸命指導していたのに、ヨガより私の言動を観察しにきていたとは、ちょっとだまされた感じ(笑)

昨日夢で人生を表わす白い光のラインを見せられ「今ここまで見ている」と伝えられて、感動してみどりの龍を起こして話したら「オレ大学生の時からわかってたよ。」って・・・。早く言ってよ!

そういえば私が本を書いているときに「あなたの人生は決まっています。自由意志がないと思うのはあなたがまだ未熟だからです」というメッセージを受けていました。ちょうどいい時にちょうどいいメッセージがやってくるんでしょうね。

白い龍


…いやーついに白い龍もここまできてしまいました。なんていうか、連続性と人に理解されようとする意志を放棄してしまってますね(笑)もう誰もなんのこと書いてるのかわかりませんよ。これが解るとすれば女性性の性質をそうとう全開にしてしまってる女の人でしょうね。それは素晴らしいことだと思いますが…

えー、一応がんばって解説すると、現実の創造の仕組みと、それを知覚する時の多次元性について語っているようです(笑)
そもそも大学生のときわかってたことってそのことじゃないし(笑)最近なんか話通じないなぁと思ってたら恐ろしい事実を発見しました。本を読もうとすると、外国語が並んでるように見えてちんぷんかんぷんなんだそうです。会話も論理的に整理して話すと???って顔してます。ひょっとするとこれから先、人はみんなこんな感じになってしまうのでしょうか?多次元的な知覚に入りすぎた時の一時的な副作用だと思いたいです(笑)


みどりの龍


スポンサーサイト

頭にアンテナ!

みどりの龍と出会ったのは2年前、私が本を書いているときカメラマンとして紹介されました。初対面の日私は瞑想でもらったメッセージを編集者に興奮しながら説明していました。そこに彼がきました。私は妙にオーラが光ってる人だなと思いながらも自分の世界に夢中でした。会話の中で私が彼に「頭にアンテナ立ってますね」というとその数分後「さっき頭にアンテナ立ってるって言いました?」と彼。「言いましたっけ?」と私。


みどりの龍は悟りを求めて何百冊もの本を読み、海外の講演会にも行って、結局悟りとは自分が思ったようなものではなく結構地味なものなんだと知り、無気力になって半年間家で瞑想していたそうです。するとある日頭にアンテナのようなものが出来て、全てが完璧に見えたそうです。私たちが出会ったのはその1ヶ月後。誰にも話していないのに私がそんなことを言ったので驚いたそうです。調度その半年間私も家で毎日瞑想三昧でした。


私たちがお互いの存在を特別なものだと気づいたのはその2年後ですが(笑)
続く・・・

白い龍



頭にアンテナができた日は、衝撃的でしたね、「本に書いてることは本当だったんだ!」(笑)って思いました。
その一ヶ月後、自分の状態を外側から指摘された日も衝撃的でした。「えっ! これが見えるの?」(笑)って思いましたよ、自分で鏡にうつしても見えませんから(笑)、それが白い龍でした。

本の撮影の日、スタジオの前で駐禁を切られ、がっかりしてる時「かわいそうだから、これあげます」と言って
白い龍が教えるヨガクラスの4回チケットをもらいました。

クラスで教える白い龍の口から出てくる言葉は、覚醒した人しか話せない体験的な内容以上のものだったので、きっと密かに壮絶な人生のドラマを経験したんだろう、なんて勝手に思ったりしましたが(笑)あまりに無邪気すぎるので聞いてみると「ヨガやってたら自然にいろいろ見えたり感じたりする様になっただけ、メッセージも勝手におりてくるんだよ」だって?、それどころかスピリチュアルな本も全く読んだことがない!(それは今でも変わりませんが)

自分の経験した過程とあまりに違っていて、その時正直「ずるい!」って思いましたよ(笑)

そんなわけでその後二年間、ヨガの先生と生徒の関係でした。いまだアンテナは見えませんが…(涙)


みどりの龍





男と女の脳!

昨日ある本を読んで大泣きをしました。男性の脳と女性の脳はもともと機能的に異なっていて、悲しい記憶をしまっておく脳の部分も、興味を持つものも、話すときに使う脳も違うらしい。


なんで男の人は自分の気持ちを話してくれないんだろう、どうして私が興味を持つものに一緒に興味を持ってくれないんだろう、それって心を開いていないから??なんて、辛抱強く相手を自分と共感させたくてがんばってきたけれど、もともとこんなに違う性質だったとは!なんだか誰も悪くないのに空回りしていた過去の自分がちょっと痛々しくて泣けました。


みどりの龍が「水分補給した方がいいよ(笑)」って水の入ったコップを持ってきてくれました。確かにテーブルに水たまりが出来るぐらい泣いたかな。


男女の違いがわかって私が優しくなったら、みどりの龍が活き活きし始めました。
よかったね(笑)
私もよかった(笑)

白い龍



だから、早く読んだ方がいいよっていったのに、全然読まなかったからなぁ。

とはいえ全ては調度いいタイミングで起こっているようなので、仕方がありませんが(笑)

男性性、女性性の違いを知っておくことが、過去の感情の解放にこれほど役にたつとは新しい発見でした。パーソナリティに制限がセッティングされるのは子供の頃がほとんどだと思うけど、親子関係にも使えそうです。

制限の解放がかなりのレベルまで進んでしまって、今生のドラマに無い、DNAに記憶された異性に対する制限を解放しようと思ってる人(笑)にも有効だと思いますよ。

白い龍も、関連する過去生ふたつ分、ついでに癒してました(笑)


ちなみに「男の子の脳 女の子の脳」って本です。


違うって素晴らしい!


みどりの龍









FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。